よこてホッププロジェクトについて

よこてホッププロジェクトの活動

横手市は日本でも屈指のホップ生産地であり、これまで約半世紀にわたり良質なホップを生産し、2017(平成29)年に市町村別の生産量で日本一となりました。
 しかし、ホップ生産の現場においては、生産者および生産量が減少するなど、高齢化等による担い手不足が進行し、後継者の確保が急務となっております。

 このホッププロジェクトは、官民一体となって将来のホップ生産を支える担い手の確保、育成を図るとともに、ホップを通じて市内の子ども達の郷土愛を醸成し、また市外にホップ産地である魅力が認知されて「横手産ホップ」を次世代に継承することができる、持続可能な「ホップの郷」を目指します。

よこてホッププロジェクトのしくみ

官民連携し、地元住民にホップを誇りに感じてもらう取り組みや、
横手ならではのイベント・体験ツアー等の企画を行います。

Facebookページへ